2014年09月29日

絵文字を使って女の子にメールを送ろう!ただし絶対に男が使ってはいけない絵文字に注意して

ほとんどの女性は絵文字が大好きです。

感情表現の道具として巧みに絵文字を使いこなします。

最初から絵文字の多い女性もいますが、メールのやりとりが増えるにつれ、絵文字が増えてきたら、あなたにある程度の好意が増えてきたサインです。

このことを逆手にとり、男性も、最初は絵文字をあまり多用しないようにします。

1つ程度が良いです。

少しずつ増やしていくのが、お互いの距離を縮める方法です。

ただし、ハートマークだけは使わないようにしましょう。

女性は良く使いますが、 それはただ可愛い絵文字、というだけで使っています。

男性が使うことで男としての魅力が下がってしまいますので使わないようにしましょう。

絵文字が苦手な男性は無理して使う必要はありません。

男性が絵文字を使うのはちょっと…という女性もいますが、それは使いすぎの場合です。

絵文字を使っても何の問題もありません。

ただし、使いすぎには注意して下さい。
posted by ユウスケ at 00:00 | Comment(0) | メールで仲良くなる技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

メールでの文章の長さはどれくらいが適切?嫌われないようにするためのポイント

メールの文章の長さは女性の長さに合わせる事が大事です。

そうする事で親近感も湧き、相手のペースを壊すことなくやり取りが出来ます。

ただ、女性が一行で送ってきた場合に一行で返していたのでは、話は弾みません。

そういう場合はプラス1行〜2行加えるようにしましょう。

質問文を入れることで女性も返しやすくなります。

大事なのは文章の長さ、短さよりも読みやすさです。

行の間にスペースを入れると読みやすいです。

意外とやっている男性は少ないので、差別化も図ることが出来ます。 また、こちらから先にメールを送る場合は、ワンスクロールぐらいの長さがいいです。

あまり長すぎるメールは女性がめんどくさがってしまうこともあります。

何かの説明などでどうしても長くなってしまう場合は、電話で話した方がスムーズです。

そこまでまだ親しくない女性には
「メールだと長くなるから、電話できる?」
と言っておくと電話をしやすくなります。
posted by ユウスケ at 00:00 | Comment(0) | メールで仲良くなる技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月19日

メールで相手の女の子に親近感を与える方法

女性に親近感を与えるのに効果的な方法は下の名前で呼ぶ事です。

ほとんどの女性が下の名前を呼び捨てにされることに不快を感じません。

さらに、あまり呼ばれる事がない為、むしろ、嬉しいと感じてしまう女性が多いのです。

名前を呼んでもらうことは、単純接触にも繋がりますので親近感が湧きやすくなるのです。

同じ職場などで、普段は呼び捨てで呼んでない場合も、メールでは早い段階で下の名前で呼んであげてください。
mixi などのネット経由で知り合った女性に対しては下の名前を教えてもらった時点で呼ぶようにしましょう。

また、1回のメールの文章中に必ず女性の名前を入れるようにする事で自分に対してのメールという心理が働き、感情を移入しやすくなります。

あまり多くは入れすぎないようにしましょう。

また、キャバ嬢など、下の名前で呼ばれている事が多い女性に対しては苗字で呼んであげることで新鮮さを出す事が出来ます。
posted by ユウスケ at 00:00 | Comment(0) | メールで仲良くなる技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする