2016年04月18日

彼女にとって世界で一番優しい男になってほしい

美しい絵画を見て、美しいね、というように、かわいい花を見て、かわいいね、というように、かわいい子に、かわいいね、と伝え、好きな子に好き、と伝える。
そして、思いついたときに「好きだよ」と伝えいつでも彼女のことを一番に考えてあげていつだって「愛してるよ」と伝える。

彼女は世界で一番大切なもので私にとってかけがえのないものだということを、行動なんかで伝わるはずがないんだからきちんと言葉で伝え、何よりも2人の世界を大事にする。
そんな男になってほしい。

あなたは、彼女に愛される資格はあるか?
あなたは、自分に手を抜いていないか?
常に全力で彼女と向き合っているか?

一番大事なのはテクニックやお金ではない。
「気持ち」が一番大事だ、ということをもう一度思い出して、そしてその「気持ち」を伝えるために必要な「自分磨き」をしてほしい。

あなたは、愛される資格はあるか?
女の子は、いくつになっても、60歳になってもお姫様に憧れている。
あなたは彼女にとっての王子様になれるか?
常に彼女の望むことの「一歩先」を考えてあげること。
言葉や、行動に「責任感」や「大人の男」があるか?

「紳士な男が好き」という女の子は、ものすごく多い。
ちやほやされたいからだけではない。
優しさが足りない男が多すぎるからなのだ。
まだまだ私自信、言葉足りなかったところもあるかもしれない。

「男と女」に完全に決まりきった恋愛テクニックなど存在しないし、時代とともに移り変わっている恋愛法則もあるだろう。
「どうやったらモテるのか?」ということを考え続け、生きてきた。
きっとこれからもそうだろう。
そのすべてが、あなたに伝わったのなら幸いだ。きっと、あなたも生まれ変われる。
私が、変われたように。

このブログは何度もなんども、繰り返し読んでほしい。
1回さらっと読んだくらいで手に入るとは思えないからだ。
ポイントはいくつもある。
そのすべてを一気にやろうなんてのは無理な話だ。
ひとつずつ、確実に理解してモノにしてほしい。

まず最初にあなたがやることは
すべての女性に、至上の優しさを
その女性にとって、生まれて出会ってきた中で、あなたが一番優しい、と言われるまで。

3日でできる人もいるだろうし、1年かかる人もいるかもしれない。
でも、「人に優しく」なるということは誰にでも出来ることだ。
きっと、あなたの掛け替えのない優しさを待っている人がいる。

もし、もっと恋愛テクニック的なことを勉強したいなら、次のサイトがおすすめだ。男性の苦手な聴く事に関する恋愛テクニックが満載である。
続きを読む
posted by ユウスケ at 00:00 | Comment(0) | ヒモ男になる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。