2014年03月22日

自然に女性に触れてさらに大事にされていると思わせることができる魔法の裏テク5つ

男性は体の関係を求めるとき、
「どうやってホテルに誘ったらいいか・・・」
といったテクニックばかり考える方が多いですよね?

普段は下心を感じさせないように細心の注意を払いながら、ホテルに誘う段階で一気に迫ってくる・・・

そういう方は女の私から言わせていただけば、女というものがわかってないのでは、と思ってしまいます。

女性は男性の下心を感じると引いてしまいますが、かと言って、抱かれることを想像も出来ない男性に魅力を感じないことも事実なのです。

ややこしいと思われるかもかもしれませんが、女ってそういうものなのです。

社内恋愛で女性をホテルに誘って断られると気まずいですよね?

ですから、ある日突然女性に体の関係を迫るのではなく、日頃のデートの中で下心を感じさせないで、あなたに抱かれることを想像させてあげてください。

そうすれば女性も心の準備が出来てきます。

そういう状態ができあがると、ホテルに誘うテクニックも効果を発揮するするようになります。

それに、日頃のデートの中であなたに抱かれる想像を積み重ねて行けば、意外に女性の方からチャンスを作ってくれたりするものです。

「旅行に行きたいなぁ」とかですね ^ ^

では、どんな方法で女性が抱かれることを想像するか、ご紹介しましょう。

もっとも効果的なのは日頃から彼女の体に「触れること」です。

これはあなたが男なら一度や二度ならず経験があることでしょう。

女性と話しているときに腕に触れられたりすると、「この子、オレに気があるのか・・・」なんて思いますよね?

キャバクラで商売とわかっていてもヒザを軽くくっつけられたりすると
「もしかしたら・・・」
なんて期待してしまうこともあるのではないでしょうか。

そして通いつめて見返りのないお金を使ってしまう・・・。キャバ嬢の狙い通りです(;´д` )

普通の女の子でも自然にできる人がいますが、そういう人は男性にモテる人が多いものです。

「触れる」ということはそれほど大きな効果があります。

「それは女性が男性に触れるから効果があるんじゃないの?」

そう思われるかもしれませんね?

たしかに、いつでもスクランブル発信のスタンバイ状態の男性だからこそ、と思われるかもしれませんが、女性に対しても効果が高い方法です。

女性だって同じ人間です。男性に「触れられたい」のです。

「男の性欲は『視覚』で急激に高まり、女性の性欲は『触覚』で緩やかに高まる。」

そう言われるように、じつは女性は男性以上に「触れられる」ことが好きなのです。

もちろん、「触覚」だけでなく、聴覚など五感によって高まるのですが、「触覚」は女性の性欲を高める代表的な感覚なので、あなたに抱かれることを想像させる方法としては最適です。

ただしそれは、女性が触れられることを受け入れる条件を満たせば・・・ という条件付です。

じつは、ここが問題なんです。

一度関係を持てば自然に触れることは簡単にできますが、それ以 前の段階では、女性は男性の欲求が動機で触れられることを嫌います。

その原因は、男性の欲求が動機になっていると、下心を感じてしまうからです。

男性としても毎日顔を合わせる相手ですから、下心を見抜かれて軽蔑されるのだけは避けたいですよね。

お互いに会社で気まずくなってしまいます。

このリスクを解消するためには「触れる」動機を、あなたの欲求から、彼女への思いやりに変えることです。

つまり、彼女のために「触れる」のです。

あなたの欲求が動機になっていると、触れるのに躊躇いがあると思いますが、「彼女への思いやり」が動機になっていれば、笑顔で堂々と「触れる」ことができますよね。

そうして、ステップを踏んで垣根を少しずつ下げていって、彼女に「この人に触れられのは当たり前なんだ」と、思わせることが大切です。

まどろっこしい、と思われるかもしれませんが、結局はこれが近道なんです。

女性慣れした男性は、ごく普通にこの方法を使っています。

いきなり触って女性に警戒されるよりも、少しずつ積み上げて行けば必ずたどりつけると経験的に知っているからです。

「そんなこと言っても、どうすればいいんだよ、
ひたすらチャンスを待てってこと・・・」

いえいえ、ただ待つのではなくて、必然的なシチュエーションを作り出せばいいのです。

すでにご紹介したスタジアムでのスポーツ観戦もその一例ですが、彼女の体に触れることは日頃のデートでもできます。

例を挙げてみますので参考にして、あなたに合ったシチュエーションを作り出してください。

<触れワザ 1>
一緒に電車に乗るとき、背中やウエスト(くびれている部分の背骨あたりです。ウエストでも横はダメですよ。)にそっと手のひらを触れて支えてあげる。

電車に乗ったら同じ要領で、空いてる方に誘導してあげる。

こういう人が混雑していて、足元が不安定な場所で守ってあげるのは、女性にとって安心感があり、「大切にされている」という思いが伝わります。

それに、背中やウエストは感じる部分ですから、そっと触れるだけで効果があります。

<触れワザ 2>
道路を一緒に歩くとき、車道側を男性が歩くのは当然ですが、そのとき彼女の肩や背中などにそっと手のひらで触れて歩道側に誘導してあげる。

ごく当たり前の気遣いですが、「大事にしてくれている」と思ってもらえる触れ方です。

<触れワザ 3>
レストランに入ったとき、軽く背中やウエストに触れてエスコートする。

女性は素敵な場所で、大切にされている自分を他人に見られるのは嬉しいものです。

「お姫様願望」と言えばわかりやすいでしょうか^ ^


<触れワザ 4>
エスカレータに乗るとき、足元がぐらつく可能性が高いので、女性に手を添える。

エスカレータでは上るときも、下るときも、あなたが下になるように位置取りしましょう。

これは男性が常に下にいて、女性の足元がぐらついたときに、いつでも支えてあげられる位置取りです。

エスカレータでは上りのときに、彼女の肩やウエストに手のひらを軽く当てるのが自然です。

足元が不安定になることはわかっているので、触れる理由を理解してもらえる効果的な方法です。

<触れワザ 5>
食事やお酒を飲んだりするとき、カウンターなどのように、横に座れるお店を選びましょう。

向かい合って座るよりも、断然距離が近くなって、笑いながら肩や腕に触れてくる女性もいます。

カウンターなら混み合ってくると自然と密着しますし、会社の名前など、隣の人に聞かれたくないような内容は、彼女の耳に口を近づけて内緒話のような感じで話すことも自然にできます。

耳は女性の性感帯ですからゾクッときたりするんですよね。自然にできて効果が高い「触れ方」です。


いかがでしたか?

電車に乗る、道路を歩く、エスカレータに乗るなど、日常の中で簡単に作り出せることですよね。

いずれも、「何かあったときに守ってあげる」という気持ちで、軽く触れるようにしてください。

また、「触れる」以外でも話し方にも注意してみてください。

女性は話の内容よりも、男性が話すスピードや声の質を重視する傾向があります。

女性が俳優の方に、「あの声しびれる」なんて言ってるのを聞いたことはありませんか?

これは決して少数派ではありません。話し方には男の色気を感じます。

どんな話し方に男の色気を感じるかと言えば、 いつもよりも、低めの声でゆっくりと話すときですね。

いつもの話し方や声を変えるのは大変ですが、意識させたい時だけ変えることは誰にでもできます。

それだけでも普段との違いを感じて効果があります。

気をつければ簡単にできることですので、日頃から注意してみてくださいね。

このような積み重ねをしていれば、女性はあなたに抱かれることを想像する機会が確実に増えます。




posted by ユウスケ at 12:00 | Comment(0) | 社内恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。