2014年03月29日

社内恋愛での別れは、どちらかが退職という最悪自体もありうる

恋愛では結婚する以外は必ず別れが訪れますよね?

ですから、別れ自体は冷静に考えると特別なことではありません。

これはもっともなことですが、第三者の立場だから言えることであって、当事者にとってはそれで納得できるものではありません。

とくに、社内恋愛の場合は上手くいっていたときの幸せが大きい分だけ、その反動も大きくなります。

また、別れた後も毎日のように顔を合わせたり、仕事の関係で接触する機会もあるので、その辛さは一層大きいものとなります。

辛いだけではなくて、こじれてしまうと最悪の場合は、どちらかが退職することにもなりかねません。

また、大人気ない別れ方をしてしまうと、お互いにいつまでも気まずい思いをしなければならなくなります。

私は、社内恋愛でダメージを受けない別れなんてないと思っています。これは覚悟してくださいね。

ただ、そのダメージをできるだけ小さくする、辛い時間を短くする、これは可能です。

ここでは方法をお伝えします。

とは言っても、つき合うまでは白紙の状態に近かったのですが、 別れるときは、恋愛を通して生まれたいろいろな感情や事情、記憶、そして期待などが複雑に絡み合っています。

しかもこれは、カップルによって千差万別です。単に相手だけの問題ではなく、他に好きな人ができた場合だってあります。

ですから、具体的な解決策をお伝えできないことも事実です。このことはご理解いただきたいと思います。

以上のことを前提としたうえで、できるだけ社内恋愛を少ないダメージで終わらせる方法をお伝えします。

頭では理解できても、感情をコントロールできないのが別れでもありますが、ダメージを小さくするための参考になれば、と思います。

さて、別れのパターンは大きく分けて2つになります。

一つは、彼女のほうから別れを告げられるパターン、そしてもう一つは、あなたのほうから別れを告げるパターンです。

別れに至るまでの経過がそれぞれあるので、スパッと二つに分けるのは、かなり乱暴ですが、そこはご理解いただくとして、二つのパターンをお伝えしてまいります。






posted by ユウスケ at 09:00 | Comment(0) | 社内恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。