2014年08月26日

会話が断然有利になる!相手の心をオープンにする会話術とは

ハイの法則はとても重要な法則です。これを知っているだけで会話が断然有利に進んでいきます。単純にいうとこういうことです。
「相手がハイと思ってしまうような質問を選んで投げかける」

簡単でしょ? 意外と真実は簡単なことなのです。
営業の人などは、訪問販売等の本でも紹介されている方法なのでご存知だとは思います。
人間は心の中でハイという答えをしていくとだんだん気持ちがオープンになってくるのです。そして、相手の心の中に受け入れるという方向性を定着させるのです。
それを意識的に行い気持ちをどんどんと良い方向に持っていくのが「ハイの法則」です。

これは、簡単にいうと、
「相手が思っているだろうなということを口に出す」
という方が分りやすいかもしれません。

暖かければ「暖かいですね」
天気がよければ「今日は天気がいいですね」

忙しそうなら「忙しそうですね」
具体的にどのような会話かというと、
貴方「今日はいい天気だね? 」
彼女「そうね」
貴方「これだけ暖かいと仕事中眠くなっちゃうよね? 」
彼女「そうそう」
貴方「オレなんか寝ぼけてパソコンの画面に頭ぶつけたこともあるよ! 」
彼女「あははは! おもしろーい」
貴方「ほんとおバカだよねオレって」
彼女「ははは! そうだね^ ^ 」

彼女の答えがイエスを含んだ答えになっているのが分ったと思います。
女性同士は特に仲良くなるためにイエスを重視した内容のあまりない( 女性の方ごめんなさい) 会話を目にすることも多いです。それは、彼女たちが仲良くなる為に身体で覚えた協調性なのです。

だから、「これすごくかわいいよねぇ」「かわいい! 」「かわいい! 」と始まってしまうのです。
これも、ラポールを作り出すうえで非常に重要なポイントです。

重要なのは、
「会話を共有すること・自分のことを分ってもらっているということ」
同じものを見ているまた、同じことを考えているということで二人の間に一体感が生まれます。そして、自分のことを分ってもらえるので安心感も与えられます。そして、それを繰り返すことで、肯定的な気分になっていくのです。

別に彼女じゃなくても良いです、練習で1 0 回は相手にハイを言わせてみてください。その時の気分を聞いてみてください。もちろん男友達でもいいので試してみてくださいね。

最初は難しいですが、見えたものを見えたまま言う練習をしてみてください。バカらしいけどかなり重要です。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。