2014年12月07日

電話番号やメールアドレスを聞いた時の反応で女性の本音を知る方法

「アドレスを教えて」と聞いたとき、
「こっちから連絡するからあなたのメアドを教えて」
と答えた場合の本音は、
「メアドを教えたくありません」
です。

女性がアドレスを受け取ることで、女性から連絡をする必要があり、連絡をしない場合も出てきます。
交換の際、角が立たないようにこのような方法を使います。

ただこのように言われたからと言って、全く可能性がない訳ではありません。
「最近携帯を変えたばかりだから覚えていない」
「メアドが長いから覚えていない」
「パソコンの方がよくチェックするから」
これらも同様です。

■電話番号の場合

「電話よりメールの方がつながるよ」
この本音は、
「電話番号を教えたくありません」
です。

メールアドレスならまだしも、携帯の番号を聞くのは恋愛に慣れていない場合ハードルが高くなります。
電話番号を教えてもらえれば脈ありと判断出来ますが、初回では無理に聞かずその後のメールのやりとりから自然に電話番号を聞くのがスマートです。

聞き方はメールを送信した後に
「少し電話で話さない?」
と提案し、先にあなたの番号をメールします。

番号を教えてもらったらあなたからかけて下さい。
女性は厳しいので、この時点で電話代をかけてまで話したいとは思わないからです。

自然とメールが出来ていれば番号は抵抗なく教えてくれます。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。