2015年03月28日

メールの返信が突然なくなった!失敗しない4つのメール法則

メールの基本についてお話ししたいと思います。

え?基本だけでなく応用的なことも教えて
というあなたには、実践的な内容が学べるウェブサイトを紹介しておきます。

携帯メールというのはうまく使えば本当に効果的なツールです。
ミクシィが出てきたことで、ネット上でまったく知らない相手と気軽なコミュニケーションが取れるようになりましたが、携帯メールはその何十倍も影響力が大きいと俺は思っています。

それまで2度と連絡を取らないであろう程度の女性にも連絡ができ親しくなることのできる、究極のツールですね。
今は携帯を持っていない女性などほとんどいません。
メールをガンガン使える、実にありがたい環境です。笑

まあそれはよいとして、具体的に携帯メールの何がいいのかということですが、何より一番のメリットは重たくないということです。
電話に比べると何倍も軽い。
一度合コンであっただけの関係の浅い女でも携帯にメールするぐらいなら、まったく違和感がありません。

これが電話となると違います。
電話の場合、よほど仲がいいか、電話するほどの明確な目的がないとできません。
メールなら自然ですね。
そういう意味でメールというのはすごく使えます。
きっかけを作る強力なツールなんです。

とはいえ、このメールというものはあまりに気軽に使えてしまうためにそれが裏目に出ている男も多いわけで、携帯メールは使い方を間違えると一発撃沈、使い方次第で印象を大きく変えられるという二面性があると思っています。
というわけで、ここではメールの基本として注意すべきことについて書いてみようと思います。

注意@ 絵文字不要
ときどき絵文字をガンガン使う人っていますね。
確かにメールに絵文字が含まれるだけで、明るい感じになり親しみがわくような印象はあります。

しかし、女性を落とすことを考えれば絵文字はなくていいもので、あって害のあるものだと俺は思っています。
もちろん中には絵文字が大好きで、男が頻繁に絵文字を送ることをまったく気にしないような女性もいますが、意外にメールに絵文字がたくさんあるというだけで、引いてしまう女性は多いのです。

絵文字の多い男性のメールに女性が引いてしまう理由としては
  •  底の浅い軽い男のイメージを与えてしまう
  •  凝ったメールになることで相手への好意がバレてしまう
  •  女性っぽいミーハーなイメージを与えてしまう
といったことがあります。

気にしない女性は気にしませんが、たくさん絵文字を使う男を気持ち悪く思う女性は結構います。
いつもあなたのメールに女性の返信がないとすれば、原因は絵文字を大量に使いすぎることにあるかもしれません。
大げさではなく、絵文字を多用することを嫌う女性にとって、男の絵文字は相当マイナスイメージの強いものなのです。

それまで何度もメールのやり取りをしていて、その女性が絵文字を使うことに抵抗がないことがわかっていればいいかもしれませんが、そうでないのであれば、絵文字の多用は控えたほうが無難です。
絵文字はなくてもマイナスにはなりませんが、あればマイナスになる可能性のあるものなので、基本的には使わない、あとは女性によって使い分けてください。

目安としては
  •  相手が絵文字を全く使わないのなら絶対に使わない
  •  多少使ってくる(文の区切りのあとに入れてくる)程度ならこちらも1〜2個使う
  •  複合してたくさん使ってくるようなら、こちらも文末などに計2〜3個程度
といった具合です。

絵文字を使う必要はほとんどないといってもいいですがもし使うのであれば、女性の絵文字の使用頻度に合わせて上のように使っていけば間違いはなくなると思います。


A 小さい字を使わない
これは「○○かなぁ?」「疲れたよぉ」といったものですね。
これも絵文字と似たようなものですが、ぶっちゃけ絵文字以上に女性の印象はよくないです。
もちろんこれも女性によって違うので、気にしない女性も中にはいるのですが
「こんなメールが来たら私一発で受信拒否するよ」
という女性を俺は何人も知っています。

ミーハーを超えて幼稚なイメージすら与えてしまう。
男の「○○だぁ」はかなり厳しいといえます。
もともと使う必要のないものなので、即やめましょう。

B ひらがなを織り交ぜたメールにする
一見些細なことですが、意外に効果のあるものなので書いておきます。
メールはひらがな重視で書いたほうがいいということですね。

なぜかというとひらがなの方がこだわり感がなく、すごく気の抜けた雰囲気が伝わるからですね。
何度もいいますが、多くの男性は好きな女性にメールをするときにとても内容を気にしてこだわったメールを送ります。
やたら長いメールを送ったり、絵文字を完璧に使いこなしたり改行を入れてみたり、疑問形にしてみたり、それはもういろいろやるわけです。

でも「興味なし」の女性にとってそういったこだわったメールそのものが重たいもの、もしくは「この人頑張ってるな・・・」といったイメージを与えるものになります。

大事なことは「あれ?私のこと好きじゃなくなったのかな?」です。
つまり、まるで相手の印象を気にしていないような軽いメールにする必要があるわけですね。
漢字やカタカナに変換する手間を省く(そう見せる)ことでいっそうそのメールを意識していない感じが伝わるわけです。

例えば「携帯ドコモに変えたし」というメールを送るとすれば
「どこも」をひらがなにするとかですね。
「携帯どこもにかえたし」
といった感じです。

これで、こだわりのない軽い感じが伝わります。
あまりやりすぎると意味不明になるので、ほどほどでいいのですがある程度漢字も使いつつ、多少読みにくくなるぐらいがポイントです。
「借りてたほん見つかったわ」
一生懸命さが出ないひらがなは結構使えます。

これをやっている人間はほとんどいないので意図的にしているとはまず思われません。これもポイントです。


C 男に送ってもいいメールを送る
今まで話したようなことを意識してやるだけで女性の印象は以前とかなり変わってくるのですが、いざ送るとなったとき
「どうしてもどんなメールを送ったらいいのか分からない」。
ということがあります。

そういったときに有効な方法、それが男に送っても違和感のないメールを送るということなんです。
男にメールってあまりしないですよね?
少なくとも用事もないのに男にメールを送ることはほとんどありません。

つまり、なぜ男に送るメールがいいのかというと、男に送るメールには必ず目的があるからなんです。
そして間違いなく恋愛感情もありません。(当然ですね笑)

つまり、あなたがその女性を好きだったとしても、送る内容が男に送って違和感のないものであるなら、それはおのずと目的があり感情のこもっていないものになっているということなんですね。

野球に全然興味のない男に野球に関したメールは送らないですよね。
野球ファンの男にしかメールは送らないし、野球ファンだからメールを送るんです。
男なら自然とそうなります。

例えば
「おはよう」
「おやすみ」
「今学校に向かっています!」
なんてメールは男にはまず送らない。
逆に言うと、こういったメールは送りたい(感情がある)から送ってしまうわけですね。

つまり、こういったメールを自分のことが好きでもない女に送っていること自体が感情がバレることに繋がるということなんです。

メールを送るときにこれでいいのか悪いのかの判断のひとつとして男に送っても違和感のないものかどうか、これを意識するのです。
男でもミスチルがとても好きな男なら「ミスチルのこの曲なんだっけ?」と聞くのは全然おかしくないですよね。

でも、男に向けて
「今日はミスチルのアルバム聞きながら出勤でーす!」
とは送らないわけです。

「興味なし」の相手は、あなたを男として見ていないので、こういったメールはいらないわけですね。
基本的にメールは自分の想いを伝えるツールではなく、送ったメールから相手に何かを連想させるためのツールです。
相手がどう感じるかをイメージして送る。

このメールを受けたらどう感じるかな?
と意識して送れば、そんなに変なメールにはならないはずです。

そう考えてみると、例えば絵文字いっぱいのメールは男には送らない。
「○○だぁ」なんてメールは男には送らない。男に「最近どうよ?」とは送っても「最近元気?」とは送らない。

「携帯どぶに落とした・・・」
こういったメールは男にも送るかもしれません。
この違いを感じ取れるようになります。

男にあまり凝ったメールは送らないのに女性には凝ったメールを送ろうとする。
これ自体がメールで「興味なし」の女性をひきつける男とそうでない男の差ともいえます。

メールの文章を凝る=感情がバレる」です。
もちろん相手が彼女であったり、特別仲のいい「好感」の相手であればこれはこれでアリかもしれませんが、「興味なし」「普通」の女性にはなるべく簡素化したメールを送る。

そして目的を持ったメールにすることが大切となるわけですね。
俺が駆け引きするときは、1回のメールを返すまでに10分、20分、場合によっては考えることもあります。

ここを「。」で終えるか「!」で終えるか、それくらい慎重になることもあります。
実際に男に送るとしたらどうか?

この感覚で「これくらいなら男に送ってもいい」というメールはOKです。
「興味なし」や「普通」の相手に送るメールは男に送っても違和感のないものかどうかこれを意識して判断するといいと思います。




posted by ユウスケ at 00:00 | Comment(0) | 復縁する方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。