2015年10月16日

モテるためには男性雑誌を見るな!女性雑誌を見よう。その理由は?

あなたが見るべき雑誌は何なのか?
「女性ファッション雑誌を見ろ」

意外だろうか?
しかし、モテる男はほとんどが見ているだろう。

なんのために?
それは、女性のハヤリ、ブームを察知するためである。
スミからスミまで「読む」必要はない。
「見る」だけでいいのだ。

たとえば、あなたは今女性の間でどんなファッションが流行っていてどんなブランドが流行なのかご存知だろうか?
そして、どんな髪型が流行っていて、いま憧れの女優は誰なのか、ご存知だろうか?
そういった情報を、インプットしておく必要があるのだ。

なぜなら。
女性は、いつでも変化を気づいてもらいたいのだ。
ちょっとしたアクセサリーやセンスの良さを気づいてもらいたいものなのだ。
褒められて嫌な気分になる人はいないだろう。

相手がキャバ嬢だろうとナンパした相手だろうとかまわない。
それ、かわいいね。流行ってるよね
の一言が、あなたに言えるか?

そこがターニングポイントになる。
「あ、この人わかってるな〜」
そう思わせることが、ものすごく重要なのだ。

媚を売る、とも言う。
女性ファッション雑誌を研究して買ってあげるわけではない。
ただ、知ってるだけでいい。
それは間違いなくあなたを「わかってるじゃん」な男に変える知識なのだ。

これでお分かりだろうか?
あなたが見るべき雑誌は、「JJ」「Can Cam」「Ray」といった代表女性雑誌であることが。
ちなみに上記3誌は、この10年くらいたいてい見ている。
ざっと、見るだけ。
でも「知ってる」というだけで、女性の反応が違うのだ。

あなた「それ流行ってるよね〜」
女の子「知ってるんだ?」
あなた「こないだ見た本に出てたんだよね。かわいいね。似合ってるよ」

わざわざ「JJ」で見た、などと言う必要はない。
「この間見た雑誌」で十分だ。
そして、「かわいい」
この一言をこんなにさりげなく言える機会はなかなかない。

「君、かわいいね」
とはなかなか言えなくても
「似合ってるよ、かわいいじゃん」
というのは自然に言いやすい。

この一言を、いつ使えるかは分からない。
だからこそ、普段から女性ファッション雑誌を見ておくべきなのだ。

ただ、見終わった雑誌は早めに捨ててしまおう。
仮りに、昨夜たまたまJJ を買って見て、ベッドの上におきっぱなしにしておくと明日、もしかして女性が家にくる千載一遇のチャンスに
「女いるんじゃん」
と思われてしまう。

「いやいや、俺が読んでるんだよ」
というフォローも、「変態」と思われる線の方が高い。
合コンなどの前には女性雑誌のチェックは必須だが、処分も忘れずにしておこう。
エロ本が見つかる方がまだマシなのだ。

褒めるテクニック
女の子がいつも最新のファッションでいるわけではない。
もしかしたら数年前に流行ったときに買ったものかもしれない。

そういう時に間違っても
「流行ったよね」
という過去形の言葉を使ってはいけない。

言葉は常に「現在進行形」でなければいけないのだ。
私のように、10年以上雑誌チェックをしていると、そのアクセサリーを褒めた方がいいのか知らんぷりして通すべきなのか「それが流行った時期」というものを知っているのだ。
それほど難しいことではない。
意味のない男性ファッション雑誌を読むのをやめて、女性ファッション雑誌に切り替えるだけだ。

では、過去に流行ったものや、流行った時期がわからない場合、どうするか?
それ、かわいいじゃん。

この一言だけである。
あえて、「似合ってるよ」を言わない。
たとえば、数年前に流行ったもので、女性が「もういらない」程度に考えてるならば「え〜、でも古いよ」と答えるだろう。

そう答える表情を見ると、まんざらでもないが、特別思い入れはもうない、という顔をしている。
そんなときは
そうかな?大事にしてたんだね。似合ってるよ
とでも言っておけばいい。

「大事にしてたんだね」と、「似合ってるよ」は文法的におかしい。
でもいいのである。
女性を褒めて、この会話を「終わらす」という意味がある。

大事なのは、女性が「喜ぶ」会話である。
たいして思い入れがないもので会話を引っ張るのはよくない。

次に、「それかわいいじゃん」に
「古いんだけどさ、気に入ってるから大事にしてるんだよね〜」
と答えた場合。
これは褒めちぎればいい。
  • 「すごい似合ってるよ」
  • 「大事に使ってるんだね」
  • 「かわいいじゃん」

なんでもいいのだ。上記もよく見ると、全部同じようなことを言ってるだけ。
「褒める」以外のものはいらないのだ。

女の子とは、プライドでできている、と考えよう。
1回「かわいい」といえばすむところでも、3回は言いたい。
相手が恥ずかしくなるくらい言っておけばいいのだ。
そういったセリフを、よりスムーズに話せるようにならなければいけない。

まとめ
女の子を喜ばす魔法の言葉。
それかわいいね
そのために雑誌は見ておくべきであって、決して私やあなたのようにセンスを磨こうにも磨けない人が自分のために見るものではない。
こういう、ちょっとした部分に気づけるか?気づかないか?という差は、実はものすごく大きいのだ。

私ももともとはコミュニケーションが苦手だったが下記のサイトを参考にして人間関係を変えることができた。もし、コミュニケーションについて自身がないあなたは参考にしてもらいたい。




posted by ユウスケ at 00:00 | Comment(0) | ヒモ男になる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。