2016年02月18日

恋と愛の違いは?科学的に説明してみた

ここでは、科学的に「恋愛」を解説したい。
どんなものにも、必ず根拠が存在するのだ。

「常に少し上」にほれるのが人間
生き物の本能として、よりすぐれた遺伝子を欲する、というのはご存知だろう。
そう、今の自分に「足りない」と感じるものを持ってる人に強烈に引かれるのだ。
それは「顔」だったり「スタイル」だったり。

私は生まれが九州なので、かなり「コイ」顔をしている。
だからか、さっぱりした顔の子に引かれる。
自分にないものをほしがっているのだ。
そして、そこには「自分」と「相手」に、必ず優劣が発生する。
どちらの遺伝子が勝っていて、その恋愛関係の主従関係がどこにあるのか?ということだ。

何の間違いか、上戸彩に告白したら、あなたと付き合ってくれたとしよう。
あなたが上戸彩を好きか嫌いとか、そういうことはここでは抜きにして(笑)
ものすごく、緊張しないか?
アヤヤでもいいや。

上戸彩が、あなたとデートする。
ちょっと普通のテンションではいられないだろう。
そして浮かれる気持ちと同じくらい、不安にならないか?
この子は、俺のどこが好きなんだ? なんで、OKしてくれたんだ?

優勢遺伝子を求める本能として、私が上戸彩に惚れるのは当たり前にわかる。
なぜ、OKしてくれたのか?
そこが重要だ。

答えはいくつか考えられるだろうが、
@なんとなく付き合ってる人もいないし
A別になんとも思ってなかったが、付き合ってみないと本当のところは分からないから
B相手もあなたのことが、スキだった
C嫌いではなかったから
Dあまりにも一生懸命だったから

おそらく、Bの結果が一番低い。
そして、Dの子が意外と多い。 断りきれなかった、というやつだ。
破局も当然恐ろしく早い。

当然といえばそれまでだが、SEX も無しの場合も多い。
告白されて、それを断るというのは、断る側にもエネルギーが必要になる。
嫌いな相手ならいいが、良くも悪くも思っていなかった相手だと傷つけないように断らなければいけないからだ。
だから、断りきれずに・・・ってことがよくある。
では、なぜすぐ破局するのか?

上戸彩は、あなたに「優勢遺伝子」を感じないからだ。
ひどい言い方をすると、何の魅力も感じない、ということだ。
だから、長続きする恋愛、うまくいく恋愛というのは「釣り合い」というのがある。
簡単に言うと、あなたより、少し上か、下、の子。
・上戸彩がダメなら、モデルはどうだ?
・モデルがダメなら、イベントコンパニオンはどうだ?
・イベコンがだめなら、YahooBB のキャンペーンの女の子はどうだ?
・キャンペーンの子がダメなら、ティッシュ配りの子はどうだ?
・ティッシュ配りの子がダメなら、コンビニでバイトしてる子はどうだ?
・コンビニの子がダメなら、ニートな子はどうだ?

職業のことで上か?下か?というのを言うのはどうかとは思うが。
あくまでも例えとしてみてもらいたいのだが、人は自分より上のレベルの人に「憧れる」。
それは本能でそうなってるから仕方ない。
自分より収入、外見、ステータスの落ちる人にはなかなか惚れない。
それでも惚れるとしたら、それらを補って有り余るだけの「心」を持っているか。

だからこそ、あなたは自分を磨かなければいけない。
何の努力も無しに、超Aクラスの女を手に入れようなんてちゃんちゃらおかしいのだ。
そして、あなたがAクラスの男になったときに、ずいぶん下のクラスの女の子に告白されたらどうだろうか?
おそらく、その子に何の魅力も感じることができないだろう。
自分より上のクラスに「憧れる」のは、本能だから仕方ない。
だから、必ずしも「恋愛」としてうまくいくものではない。

優劣が必ずつくのなら、どちらかが必ず「我慢」しながら付き合うことになるのだから。
彼女の携帯を見る男
あなたが惚れて惚れて惚れて惚れて付き合った彼女。
どう考えても釣り合いが取れていない彼女。
不安にならないか?
だから、最近は彼女の携帯を見る男が増えてきている。

相手の携帯を見よう、覗こう、という行為は、自分の自信の無さからくる劣等感から来る行動だ。
私は、絶対に見ない。見ようと思ったこともない。
なぜなら、絶対的に自信があるから。
下のレベルの女の子と付き合うからではない。
自惚れているわけでもない。もちろん、レベルの高い相手と付き合う以上、コンプレックスは噴出すし不安もある。

しかし、相手のレベルが高ければ高いほど、自分を高めていこうと思うからだ。
私が惚れて惚れて惚れて「付き合ってもらった」のなら、いつか私に惚れてもらいたいから努力する。
それは男としての魅力だったり、知識だったり、収入だったり、ステータスだったり。
成長する男は魅力的なのだ。

間違っても、「安心」して付き合ってはいけない。
常に、お互いに成長していくから、魅力的な関係を保てるのだから。

科学的な物質
『PEA』という物質が脳みその中にあるらしい。
私は専門家ではないから、詳しくはわからないが「恋」をしたときに表れる物質だ。

さて、「恋」と「愛」の違いをご存知だろうか?
そもそも恋する相手がいない?その場合は下のサイトを参考にしたい。どうすれば、女の子を惹きつけるメッセージを書くことができるのか、わかりやすく解説している。


さて、「恋愛」と書くが、実は「恋」と「愛」はまったく違うものだ。
『PEA』とは「恋」をしているときのドキドキ感をもたらす。
そして『PEA』が出っ放しになってる時というのは、何をされても好きだし、どんなものでも愛していける気になる。
「彼女のうんこだって、食べてみせる」
とまでは言わないが、ま、そんな感情(笑)

この『PEA』をあらわすときに言われるのが「つり橋効果」というやつで、谷底の上にかかったつり橋の上で告白すると、OKされやすい、ってやつ。
ただでさえドキドキしてる場所で告白されると、それが「恋」のドキドキ感と錯覚してしまうらしい。
緊張、恐怖、などの「ドキドキ感」と恋愛の「ドキドキ感」。
理性で考えればまったく別のものなのだが、それを錯覚させてしまうらしい。
人間ってのは、意外といいかげんにできている。

そういった『PEA』を出させるために、世の中のBAR などでは照明を薄暗くしたり、不安定な高さの椅子用意したり、「雰囲気」を作り出す。
「口説ける店」とかよくあるが、それは科学的に証明できるってことだ。
ドキドキする空間ならば、お化け屋敷でもかまわないだろう。
ジェットコースターだっていい。
「恋」と錯覚させるのだ。

さて、やっかいなことにこの『PEA』という物質、永遠に出るわけではない。
半年もすると、すっかり枯渇してくるんだそうだ。
それを出し続けるために、人はいろんな所に出かけていって新しい刺激を求めたり、アブノーマルなSEX を求めたりするんだそうだ。

実に人間はやっかいな生き物だ。
それでも、付き合い始めの頃のように『PEA』は出続けるものではない。
慣れてしまうのだ。
この、「慣れ」てきたころに出てくる感情が「愛」なんだそうだ。
「情(情愛)」という言葉でも言ったりするが、理由が無い限り別れるものでもないのが普通。

しかし、人間は新しい『PEA』の刺激を欲しがってしまうんだそうだ。
特に、男。
「浮気ホルモン」と呼ばれるのは、『PEA』のことらしい。
さらに『テストステロン』という男性ホルモン物質が女性獲得戦争へ仕向ける精神作用があるらしく、浮気がクセになるのはこいつの作用らしい。
「男は精子をばら撒いて、子孫を残すことが本能」と言われるが、科学的にはこういうことらしい。

ま、科学的に証明されてるからって浮気していいもんではない。


結婚するタイミング
さて、その「愛」、ようするに「情(なさけ)」や「信頼関係」というものが正体なわけだが、結婚するタイミングをこれで見ることができる。

3年同棲して問題なければ、大丈夫。
同棲したことはあるだろうか?
同棲というのは、付き合ってる期間を短くする。
別々に住んでいれば、なかなか気づかないことがやたらと気になるようになったり、おしゃれして出かける機会が少なくなったり、飽きてきたり、別れる原因は様々だが。同棲したことがある人なら分かるだろうが、最初の1 年間はたいていのことは隠し通すことができる。

実は、オナラがすごく臭い、とか、ほんとはお風呂が大嫌い、とか。
特に付き合い始めのころは『PEA』の影響もあって、相手の欠点や短所も気にならないものだ。

しかし、2 年目ともなると様子が違ってくる。
1年目に隠しておけたことが、どんどん出てくるのだ。
または、『PEA』の枯渇によって、以前はそれほど不快に思っていなかったものが、ものすごく気になるようになってしまう。
そして、それは3 年も一緒に住んでいると、たいていの「クセ」や「短所」が出尽くす。
というか、3 年も隠してられない。
そう、3 年一緒に住んで、それらの欠点や短所がそれほど気にならないのであれば、結婚しても大丈夫なんだそうだ。
逆に、5 年も一緒に住んでしまうと、なかなか結婚のきっかけも出せなくなるようだ。

プロポーズするなら、「同棲して3年が過ぎた頃」というのがベスト。
これは、私の友人関係のデータを元に出したものだ。
実際、付き合ってた時期が短いカップルの場合、3 年以内に別れる。
そしてなんだかんだあったけど3 年を超えたカップルは、長持ちするようだ。
「情」も、3年が限界ってことだ。


まとめ
「PEA」という物質が「恋」をしているときに脳内を駆け巡っていることを、よーく覚えておいて欲しい。
この物質があるということを知っておくだけでも、恋愛を冷静に見ることができるようになる。
このドキドキ感は、はたしてどこまで「愛」なのか?
盲目的に溺れる恋愛も、それはそれでいいとは思う。

でもそれって高校生までの恋愛。
大人の恋愛は、自分の感情をしっかりと理解し、彼女のことをしっかりと理解し、未来をきちんと見据えたものでなければいけない。
と私は思う。





posted by ユウスケ at 16:00 | Comment(0) | ヒモ男になる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。