2016年11月15日

女性にモテたければ、お金を稼ごう!その理由は?

最低限のお金は必要だ。
お金があることは、あなた自身の心のゆとりにつながる。
多く持っていれば余裕と自信にもなる。
それは女性とのお付き合いにプラスになる

どうプラスになるのかというと、心のゆとりがあなたにあることで女性は楽な気持ちで、あなたと一緒にいることが出来るだろう

「あなたと一緒にいることはとても楽」
これはあなたと付き合う女性の大きなメリットにもなりえる。

また、あなたがお金を持つことは、女性との美味しい食事や遊園地や、温泉旅行、海外旅行も可能にする。

今現在、あなたがお金を持っていないなら・・
会社で働くなり、起業するなり、お金を作る方法は現在の日本に数限りなくチャンスある。
お金を作る力=心のゆとり=女性にモテルにつながる。
だから稼ぎ力をつけよう。今はウェブサイトを作って簡単にお金を稼ぐことができる。ブログだと、特に知識も必要ない。
を参考にしてほしい

あきらめない心を身につけよ
「一度や二度、振られたからなんだ。俺は必ずお前をモノにする」
そんな決意とあきらめない心をもとう。

あなたが「俺にとって最高の女を見つけた!」なら、一度や二度の失敗で終わらせていいのだろうか?
どんなことをしてでも手に入れる(合法的にね・・(汗))
そのくらいの意識と気持ちでいけ。

最高の女なら、あなたに試練があって当たり前。
乗り越えた先にあなたの願望が叶う。
「何事も絶対にあきらめない」という気持ちは忘れるな。

そして自分磨きも忘れないように。下記の記事に書かれていることを実践すれば、好きな女を落とすのも楽になるはずだ

反省力
どんな人にでも失敗はある。
落ち込むこともあるだろう。
そこが結果を出す人と出せない人の分岐点であり、差が出来るポイントだ。
結果を出す人は、反省し次に生かす。

例えば、あなたが好きな女を怒らせたとする。
あきらめたら、そこで終わりだ。

ならばどうするのか?
なぜ、そのような失敗をしたのか?
今後どのように失敗を生かすのか?
そこを考え反省し彼女に伝えよう。

もちろん、怒らせたのなら「ごめんなさい」と言うのは当たり前だ。
「失敗はさらに仲良くなるチャンス♪」

恋愛体験実話
自分の恋愛で体験したことを話す。
これから始まる、あなたの恋愛に、少しでも生かしていただければ幸いだ。

小学生の頃から女への行動は活発だった。
中学校で初めて彼女が出来た。
友人に付き添ってもらって電話での告白。
とても緊張し、そして彼女からの返事がOK だったことは、大きな感動と喜び、日々の幸福感を体験したことを今でも覚えている。

その他、中学・高校時代は手渡しの手紙や友人を通して告白されるなどもあったが、テニス部の活動や悪友との遊びで一生懸命で、女関係はあまり時間を割かなかった。

大学時代にとある友人の紹介で知り合った子と付き合いだす。
岐阜県と茨城県の遠距離恋愛だった。
この女性(A 子)との恋愛が今書いている文章の元になる体験の始まりだった。

12年ほど前、金はないが時間はある大学生だ。
ほぼ毎日、遠距離電話。
バイトもしない俺は電話代のために毎日カップラーメン。
携帯電話がない時代だったから、アパートの電話でのコミュニケーションと実家に戻って会う付き合いだった。

「大学時代に何かを本気でやって何かを得るのだ!」
という意気込みの俺と「普通」を望む彼女には、今考えると距離があった。
とにかく俺は何かを本気でやるために、彼女と一緒に目標を持って付き合っていきたいと考えていた。

そう考えるうちに彼女に対して物足りなさを持ち始め、彼女に様々なことを求めだしていた。
刺激と厳しい環境を彼女に求めてしまっていたのだ。
そこから心の距離は離れだしたのかもしれない。

その後付き合いだして半年、彼女の二股が発覚した。
彼女は他の男とも付き合っていた。
「多くのものを捨ててまで彼女と付き合いを優先させたのに!」
という思いがあり怒りと情けなさがこみ上げていた。
今考えると、とても幼稚で身勝手な発想だけどね(汗)

とにかく目標(ずっと一緒にいること)を掲げ、しかも中絶もあった事情から、二股などで引くわけにはいかなかった。
「責任」もあると学生ながらに考えていた。
三ヶ月あらゆる手を使い、粘ったが彼女は元には戻らなかった。

やるだけのことはやった。という思いと次を考え出し、目標を切り替える決意をした。
そして、自分への悔しさ怒りで考えた。

なぜこんな事態になったのか?
自分のどの変が悪かったのか?
俺はどんな女性を求めているのか?
これからをどうするのか?

そして決意した。
「新たな目標に進む」
バイトしまくった。とにかく必死で。
そしたら一ヵ月後、中学時代の同級生の女性との出会いがあった。

アプローチして付き合いだした。
告白などはなく自然に付き合いだしていた。
告白もされてない。

ただ「俺は女と付き合うなら本気で付き合いたい」これだけだ。
彼女はそのとき悩んでいた。自分の将来のことと家族の期待に。
それを聞いて「自分の好きなことやれよ」というコトバで楽になったようだ。

彼女は前に進みだした。
でもね。そんな楽な付き合いじゃなかった。
彼女と一緒にいる毎日は苦痛だった。
好きなのに苦痛?と疑問に思うと思う。
コトバへの責任感。
彼女の自分を信じてくれた行動のプレッシャー。

今考えるとまじめすぎ(汗)
前の彼女とのこと。
前向きに自分をさせるのにいっぱいいっぱいだった。
筋トレなどをして強引に前を向くことで、不安な気持ちを自分でコントロールしていた。

彼女との目標があったから続いた。
そして彼女の最愛の父の死。

そのとき彼女の姉さんから言われた言葉
「ゆうすけ(俺)M 子を頼むね」重たさが増した。

その後、大学を卒業して自分の仕事に集中したいとき、彼女は「結婚したい」という気持ちを打ち明けてくれた。
俺は仕事を第一に考えていたし、結婚はまだ早いと思っていた。
彼女は普通の家庭を求め、俺は「起業して金持ちになる」

価値観の違いも浮き彫りになった。
いろいろ考えたが別れた。
四年半の付き合いだった。

得たものは目標の大切さ
強い意志と前向きな心。
人は変われるということ。
人に求めるのではなく自分にまず求めること。
そうしなければ人は変わってはいかないこと。
人への思いやり。
自分より相手の気持ちを尊重する大切さ。

その後多くの女性と付き合ったが、恋愛という恋愛ではないのかもしれない。
今書いた恋愛体験に比べたら軽いから。

でも俺は今31歳。独身♪多くの夢もある。
これから、まだまだ出会いは待っているし作っていく。
あなたと同じだ♪

あなたと付き合いたい女性は無限にいる
このブログはあなたが、あなた自身と女性と向き合い、彼女が出来、楽しく付き合うために。
あなたが魅力的な男性になり、女性に愛される人になるために。
あなたが恋愛によって実り多いこれからの人生を進むために。
より良い男性を求める全ての女性のために。
あなたの本質を変え、あなたの背中を押す、お手伝いが出来ればという思いで書いた。

恋愛は人を成長させる。
そして恋愛は多くの思い出や楽しい時間をあなたに与える。

ただし、なんの苦痛もなく楽しさを求めたり、なんの努力もせずに何かを求めても、現実は何も変わらないことは事実だ。
あなたを待っている女性は無限にいる。
だから今から動こう。

あなたが女性から愛情を欲しければ「女性に愛情を与えよう」
あなたが女性に優しくされたければ「女性を優しく思いやろう」
顔も、コンプレックスも、失恋も、全てあなたの魅力の一つ。
ハッピーな恋愛を作るのは貴方の人間性しだいだ。



posted by ユウスケ at 00:00 | Comment(0) | モテるノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。