2014年03月19日

はじめてのデートで一気に距離を縮める方法

あなたと同様に、女性にも短所があります。また、表面の性格などに隠れて見えない部分もあります。

これを利用して、女性との距離を一気に縮める方法をお伝えします。

まず、『短所・欠点』の方からお話しましょう。

はじめに女性の短所をみつけてください。どんなに素敵な女性でも、まったく短所がない女性なんていません。

他人からは短所が見当たらないような女性だって、自分では短所を自覚しているものなのです。

ただし、あなたや他の人から見た短所ではなく、彼女が自覚している短所を見つけてくださいね。

自分が認めていない短所を、いきなり他人に指摘されたら誰でも嫌ですよね?

ここは大切なポイントです。

同じ会社ですから注意していれば見つかるはずです。見つからない場合は、長所の反対側を注意してみてください。

短所は見方を変えれば長所になります。

例えば、「仕事が遅い」ということが短所の人なら、それを「ゆったりとしている人」、「クオリティを大切にしている人」と見ることもできますよね?

女性が短所と認めていることをみつけたら、あなたの言葉で褒めてあげてください。

例えば、
「もしかしたら鈴木さんは仕事が遅いことを気にしているかも知れないけど、僕は鈴木さんが細かなところに気を配ってくれるから本当に助かってるよ。」

相手が短所だと思っているところをポジティブに捉えて褒めてあげると、あなたの相手への思いやりの気持ちまで伝わるはずです。

そして、「この人は私のことをちゃんと見てくれている」と、特別な存在に見えてくるものです。

ただし、想いを込めない言葉は逆効果になってしまうので、注意してください。

そして、褒めた言葉は忘れないでくださいね。

褒めた方は忘れやすいものですが、褒められた方は心に残れば残るほど忘れないものです。

女性は、思い出したように嬉しそうに話すことがあると思います。

そんなときに、「えっ、なんのこと?」などと言わないように気をつけましょう。

「何だ、本気じゃなかったのね・・・」
なんて思われてしまいます。

「褒めたことは忘れない」
気をつけてください。

では次に『隠された部分』を利用して、『この人は他の誰よりも私を理解してくれている』 と思わせる方法をお伝えしましょう。

人は誰でも二面性を持っている、とお話しましたが、ここではこれの隠された面、つまり裏の面を利用します。

例えば、いつも明るくて元気な女性でも、反面ではイジイジと暗い部分を持っていたりするものです。

そういう部分は、会社で毎日一緒にいて気をつけていれば、ふとした瞬間に見えてくるものです。

そんなところに思いやりを示してあげてください。

例えば、先ほどのいつも明るくて元気な女性なら、
「鈴木さんはいつも明るくて職場の雰囲気をよくしてくれて嬉しいけど、つらいときはあまり無理するなよ。」

こういう自分の裏側の面を理解してもらえると、
「この人は、他の誰よりも私を理解してくれている」
と思うものです。

ここまでくればあなたは相手の女性にとってなくてはならない存在になります。

女性は占いが好きですよね?

有名な占い師にみてもらい、その言葉に身をゆだね、逆に、その言葉に合うような自分を見つけようとします。

あなたへの信頼を高めるために効果がある方法です。

以上のように、女性の短所と裏側に触れることで、女性の心を大きく揺さぶり引き寄せることができるのです。

しかも、効果はそれだけに止まりません。

女性がいままで会社であなたに何となく感じていたことが、ジグソーパズルのキーとなるピースがはまったみたいにつながってくるんです。

「それであの時・・・」とか、「そう言えばあの時も・・・」

こうなれば、1 回目のデートで二人の心の距離が一気に縮まります。

これは同じ会社で長い時間を過ごす、社内恋愛だからこそのメリットと言ってもいいと思います。

ぜひ、このメリットを活かしてください。

ただし、これらの方法を使うためには相手の女性をしっかりと観察して、 準備しておく必要があります。

「デートのときに即興で・・・」
なんて思わないでくださいね^ ^;

そんなことをしてしまうと、高い確率で失敗してしまいます。


posted by ユウスケ at 16:00 | Comment(0) | 社内恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

最初のデートで相手に運命の人と思わせる方法

ここまでもそうでしたが、ここから先も、 『口説く』とか『告白する』とかは考えないでくださいね。

告白してOKをもらわなければ次のステップに進むことができない、そう考えている人がいるようです。

しかし、『告白』というのは恋愛のステップの中でもっとも難易度の高いことなのです。

その難易度の高いことを前にもってくるというのは、社内恋愛ではもっともリスクが高い進め方です。

なので、後回しにします。

それよりも、女性の心を惹き付けることを優先してください。

そこができれば二人の仲は急速に進展していきます。

正直言って告白しなくてもキスもできるしエッチもできます。うまくいく可能性はこちらの方が断然高いのです。

つまり、告白はその後でもいいのです。

もちろん、女性から『あたしのこと好き?』と聞かれれば、誠意を持って答えてあげてくださいね^ ^

それ以外は焦る必要はありません。

ということで、1 回目のデートで『運命の人』と思わせる方法に入っていきましょう。

『それって、焦ってるんじゃないの?(笑)』
と言われそうですね?

でも、社内恋愛の場合、デートは初めてでも、長い時間一緒に過ごしているので、お互いの情報が入っています。

ここに火がついて連鎖反応が起これば、「一気に・・・」ということはあり得るのです。

たとえ1回目で『運命の人』までいかなくても、『この人は特別な人』と思わせることは十分に可能です。

ということで、1 回目のデートで女性に『運命の人』と思わせる方法に入っていきましょう。

最初に、どんな方法なのか、簡単に言えば、 あなたの『長所』と『短所』で女性の本能をダブルで刺激する方法、と思ってください。

長所と短所についてはすでにお話しましたが、人にはそれぞれ長所があります。

あなたのデートの誘いにOKした彼女も、あなたの長所を見つけています。

長所が全然ない男性とデートする女性はいないはずです。

彼女があなたの長所と思っているところはどんなところなのか?

これを考えてみてくださいね。
・ 仕事に真面目に取り組む姿
・ 仕事に対する責任感が強いところ
・ 仕事が丁寧なところ
・ 男らしいところ
・ 優しいところ
などなど・・・

どこを一番の長所と思っているでしょうか?

これは大切なことですから、きちんと把握しておいてくださいね。

じつは、人は誰でも二面性を持っているもので、長所があるところには、同時に真反対の短所・欠点を持っているものです。

あなたも「長所」と「短所・欠点」のセットをお持ちではないでしょうか?
・ 真面目と不真面目
・ 強さと弱さ
・ 男らしさと子供っぽさ
・ 几帳面と無精

必ず反対側の側面があるはずです。

しかし、会社では「長所」は見せますが「短所・欠点」は見せないようにする人が多いですよね?

それぞれ自分のイメージを無意識に守ろうとしています。

しかし、女性は長所と真反対の短所をみつけると、「長所」は一段と魅力的に輝き、「短所」には、いとおしさを感じるものです。

ですから彼女に、あなたの一番の長所の真反対にある隠された短所を見せてあげてください。

例えば、 会社では丁寧でそつがないのに、プライベートでは案外無精なところがある。

普段は強気で男っぽいのに、ときおり弱さを垣間見せる。

このように、長所と真反対にある短所を見せるのです。

これを見た女性は、自分だけに欠点や弱点をさらけ出してくれた、と感じた瞬間に“母性本能”が顔を出します。

「私だけが知っている」、「私が彼の弱点を補ってあげたい」そういう思いがわきあがってくるんです。

この思いがわきあがった瞬間から、相手の男性に深くのめり込むようになる女性が多いのです。

これは理屈ではなくて、一瞬で魔法にかかったような感じです。

ただ、この短所は何でもいいというものではありません。 女性が「私が手伝えばもっとよくなる」と思うレベルの短所であることです。

相手の女性が手におえないと思うような欠点を見せたとしたら、それはそのまま「欠点」として見られて逆効果になってしまいます。

「母性本能」をくすぐる欠点は、あなたの長所とセットになっていること。

長所で男らしさを感じさせ、欠点で母性本能をくすぐる、これが理想です。

強力な方法であることが想像いただけますよね?

これをうまく使うための条件としては、最初から、あなたのすべてを見せてしまわないことが大切です。

何事もすべてをさらけ出してしまっては、『サプライズ』は起こせません。
posted by ユウスケ at 07:00 | Comment(0) | 社内恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

一回目のデートは運命の人になるかただの友達になるかの重要な分かれ道

ここまでお読みいただいて、同じ会社の女性をデートに誘うのは「ステップさえ踏めば難しくない」ということがご理解いただけたのではないでしょうか?

その通りなんですよ。条件を整えていただけたら、女性は誘いを断る理由がなくなります。

ここまでのステップで女性は、少なくともあなたに対して好意を持っています。そうじゃないと、女性は二人きりでは会わないですからね。

もう一歩進んで恋心を持っている可能性もあります。

でも、安心しないで下さいね。同じ会社ならではの障害があるのも事実。

女性にはためらう気持ちがあります。

そこで重要なのが 1 回目のデートなんです。

「1 回目から焦らなくても・・・」
そう思われるかもしれません。

確かに焦ってはいけません。

しかし、ただ何となくデートするだけでいいのかというと、それもダメです。

もしかすると、次回はないかもしれないからです。

最初のデートは、仲のいい友達と思われるか、 恋人候補になれるかのターニングポイントでもあるのです。

じつは、同じ会社の場合は 1 回目のデートで、『運命の人』と思わせることもできるチャンスなのです。

他の出会いでは 1 回目のデートで、『運命の人』と思われるようなドラマチックな展開はそうそう望めません。

しかし、お互いのことをある程度知っている同じ会社同士だから、そういう展開もあるのです。

そのためには、どうすればいいのでしょうか?

それをご紹介します。

そして、仲良くなれば、キスしたい、抱きたい、そう思うようになることは、健康な男性なら当然ですよね?

しかし、女性としては同じ会社だからこそ、 関係を深めることに必要以上に慎重になるものです。

そういう障害を乗り越えて関係を深めるための方法についてもお伝えします。
posted by ユウスケ at 08:00 | Comment(0) | 社内恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。