2014年11月27日

女性の質問から本音がわかる(飲み会編)

ここでは女性と飲み会や合コンで出会った際の女性の本音についてご紹介していきます。

■「好きなタレントっている?」

このように聞いてくる女性は、「どのようなタイプの女性が好きなのか」を探っています。
このように聞かれた場合、多少なりともあなたの事を「いいな」と思っている場合が多いです。

何とも思わない男に対してこのように聞くことはまずありません。
この質問に対しての注意点は、
「好きなタレントを熱く語らない事」
が重要です。

タレントの事を熱く語ってしまうと、マニアックな雰囲気がしてしまうため、女性は引いてしまいます。


■「モテそうですよね」
このように言ってくる女性もいます。

しかしこの本音は、
「社交辞令」
です。

場を和ませようとするサービストークだと思ってください。
ただ、中には「彼女がいるかどうかを探る」為に聞いてくる場合もあります。
【女性に彼氏がいるかどうかを知る場合】
気になる女性に彼氏が居るのかどうかは、
「彼氏いるの?」
という質問に対する返答で推測する事が可能です。


■「一応いる」
このように答えた女性は、
「いるにはいるけどあなた次第で乗り換えてもいいかも」
「悪くはないかも」
このような本音を持っている場合があります。

「一応」という、曖昧な言い方でその問いの答えを濁すことで可能性がある事を示しています。
モテている男性も、この表現はよく使います。


■「好きな人はいます」

このように言われてもすぐ諦めてはいけません。
本当にいる場合もありますが、見栄を張っているだけでいない場合もあるので、判断する為にはメールアドレスを聞いてみて下さい。
それで脈ありか難しそうかを判断します。


■「微妙」
このように言われた場合の女性の本音は、
「セフレならいるけど・・・」
付き合ってはいないが男女の関係がある場合に使うことがあります。

こういうタイプの子は男に甘く押しに弱いタイプが多い、そしてずるずる相手の男のペースに巻き込まれやすいと言えます。
都合のいい女になりやすいのもこのタイプです。


2014年08月31日

飲み会で楽しそうにしていた彼女にメールを送っても返信がない!なぜ?

さて、ここでコミュニケーションの基本というものをお話していきます。
女性と効果的にコミュニケーションをする方法は次の3つの流れがあります。
1 . ラポールを作る
2 . 相手を理解する
3 . 相手を行動させる
この3 つのステップが大切です。

初対面の人とのラポールの作り方は学びました。でもいったいどんな話をしていけば場が持つんだろう? どんな話をすれば彼女は楽しいんだろう? そう思いませんか?

私は本当に悩みました。
いったい何を話せばいいんだろう?
どんな組み立てで話せば楽しく話ができるんだろう?
そうして私は自分の話したい話をするという最悪の選択をしていたのです。自分の話したい話は彼女が聞きたい話ではありません。しかし、何もしなければ彼女は自分の話をしてくれない。
あなたもこんな話をしていませんか?
私はこんな話だらけだったのですが・・・

・どこに住んでいるか?
・どんな仕事か?
・休日は何をしているのか?
別にこれが悪いという訳ではありません。
何のためにこれを聞くのかというのが重要なのです。

でもこの話で彼女はどんな楽しいことを連想するでしょう? 聞かれたことに答えるだけになってしまいますよね?
彼女があなたのことを気に入っていたらそれでもいいと思います。
でもそれではなんのノウハウにもなりません。

では、いったいどんな話をすればいいんでしょうか?
私はかなり勉強しました。
多くの本も読みましたし、多くの人に聞きました。そして、私なりに実践した結果、ある流れが非常に効果があったのです。
それを、話したいと思います。
まず、基本にして最も重要なことをお話します。実はこれに気づいていない人が非常に多いのです。

それは、何か。
それは、コミュニケーションというのは、
「あなたが気持ちの良い時間を過ごす」ことは重要ではないのです。

何が重要かというと、
「彼女が気持ちの良い時間を過ごすような空間を作る」ことが重要なのです。

飲み会などでは良く見る光景ですが、あなたばかりが喋り盛り上げている状況ってありませんか? 確かに彼女はとても楽しそうにしています。
でも本当に彼女は楽しんでいるのでしょうか? もしかしたら彼女の方が大人で、あなたに上手く合わせているのかも知れません。

飲み会の後メールしても返信がない・・・
お見合いの後必ずごめんなさいと連絡が来る・・・
あなたが自分の話ばかりするからそういう結果になるということ。とても重要ですが、なかなか信じられないことでしょう。
ここを知らないばかりに多くの人が失敗しているのです。まずはここを意識して話すようにしましょう。

2014年08月26日

会話が断然有利になる!相手の心をオープンにする会話術とは

ハイの法則はとても重要な法則です。これを知っているだけで会話が断然有利に進んでいきます。単純にいうとこういうことです。
「相手がハイと思ってしまうような質問を選んで投げかける」

簡単でしょ? 意外と真実は簡単なことなのです。
営業の人などは、訪問販売等の本でも紹介されている方法なのでご存知だとは思います。
人間は心の中でハイという答えをしていくとだんだん気持ちがオープンになってくるのです。そして、相手の心の中に受け入れるという方向性を定着させるのです。
それを意識的に行い気持ちをどんどんと良い方向に持っていくのが「ハイの法則」です。

これは、簡単にいうと、
「相手が思っているだろうなということを口に出す」
という方が分りやすいかもしれません。

暖かければ「暖かいですね」
天気がよければ「今日は天気がいいですね」

忙しそうなら「忙しそうですね」
具体的にどのような会話かというと、
貴方「今日はいい天気だね? 」
彼女「そうね」
貴方「これだけ暖かいと仕事中眠くなっちゃうよね? 」
彼女「そうそう」
貴方「オレなんか寝ぼけてパソコンの画面に頭ぶつけたこともあるよ! 」
彼女「あははは! おもしろーい」
貴方「ほんとおバカだよねオレって」
彼女「ははは! そうだね^ ^ 」

彼女の答えがイエスを含んだ答えになっているのが分ったと思います。
女性同士は特に仲良くなるためにイエスを重視した内容のあまりない( 女性の方ごめんなさい) 会話を目にすることも多いです。それは、彼女たちが仲良くなる為に身体で覚えた協調性なのです。

だから、「これすごくかわいいよねぇ」「かわいい! 」「かわいい! 」と始まってしまうのです。
これも、ラポールを作り出すうえで非常に重要なポイントです。

重要なのは、
「会話を共有すること・自分のことを分ってもらっているということ」
同じものを見ているまた、同じことを考えているということで二人の間に一体感が生まれます。そして、自分のことを分ってもらえるので安心感も与えられます。そして、それを繰り返すことで、肯定的な気分になっていくのです。

別に彼女じゃなくても良いです、練習で1 0 回は相手にハイを言わせてみてください。その時の気分を聞いてみてください。もちろん男友達でもいいので試してみてくださいね。

最初は難しいですが、見えたものを見えたまま言う練習をしてみてください。バカらしいけどかなり重要です。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。