2015年03月16日

気になる女には好きという感情を悟られるな!

以前、友人から相談を受けたとき、俺は相手に感情を見せないことをアドバイスしました。
「今はまだ口説くときじゃない。まだ相手はおまえに好意を持ってないから、ここで一方的な感情を見せたら相手は必ず引くよ」という話をしたんです。
それで次の日から彼がしたこととは…

その女性にとても冷たくなったんです。さらに偉そうになった。
常時冷たい態度で接するようになり、話しかけられても偉そうに答える。

その結果どうなったかといえば嫌われました。
普通に嫌われた。
※この友達には「モテない」を卒業する!恋愛初心者が彼女を作る方法というサイトでもう一度、恋愛の基礎から勉強してもらいました。


ではなぜそういうことになったのか?

それは感情を見せないというのは冷たくするという意味じゃないからです。
自分は何もしていないのに、ある日急に偉そうにされたら普通にムカつきますね。
しかも昨日まで自分に好意を見せていた相手が、です。

いきなり無視されたら間違いなく「なに?この人」って思います。
「気持ち悪い」となります。
冷たい一面があるのはいいのです。
感情を隠す上で大事なことです。

しかし「冷たい一面がある」ことと「冷たい人間」というのは全然違うのです。
普通は好きな女性の前で冷たい態度はとれないですよね。

だからこそ、時に冷たい一面を見せることに意味があります。
しかしそれは、理由もなく無視したり、冷たくしたりというのとは違います。

そうではなくて、感情を見せない、悟られない、分かりやすくならないということです。
それが感情を隠すということのポイントなんですね。

例えばドライブに誘うときもそうです。
ドライブに誘い断られたときに
「そうか…じゃあ仕方ないよね。また機会があったら行こうね…。」
と弱気になってしまう。
こういった態度が相手に「もしかして私のこと好きなのかな?」と感じさせる原因になるわけです。

ましてや
「そうか…じゃあ仕方ないよね。また誘ってもいい…?」
こんなのは最低です。

「俺はあなたのことが好きな格下の男ですよ。
君は嫌かもしれないけど、俺は好きだからまた誘ってもいいですか?」
と伝えているようなものです。

大げさではなく、わざわざ嫌われにいっているようなものなんですね。ここで
「マジかよ〜、じゃあもう誘わね!」
「あらら、残念。また誘うわ。」
こういった気にしていないような素振りをみせること、これが感情を隠すということなのです。

逆に言うと、「相手が急に冷たくなった」というのは女性からしたらもうバレバレですよね。
感情がなかったらそんなことにはならないからです。
何も理由がなければそうはならない。

例えば、それまではメールをたくさんしていたのに急にメールを返さなくなる。
返したとしても極端に冷たい返事。
これは駆け引きしてるな?となります。
そう思われたらダメなのです。

特に「興味なし」や「嫌悪」の状態は、相手があなたの感情に気づいている状態なので極端な態度は必ず
「この人、駆け引きしてるのかな」
「好きじゃないフリしてるんだな」
となります。

あからさまに態度に出す=感情がある です。
好きという感情を見せないことは冷たくすることではないのです。
あくまで隠すということ。
分かりやすくならないということなんですね。


告白を成功させるには?
今の話を簡単にまとめると女性が男性を恋愛対象として嫌いになってしまうのは
koukan.jpg


この状態で相手に感情を見せてしまったときです。
好意レベルでいうと「嫌悪」「興味なし」もしくは「普通」の状態で感情を見せたときですね。

また、相手が彼氏を求めていないような場合や、極端にあなたの好意レベルが強い(相対的に好意レベルに差がある)場合などは、「好感」レベルの女性でもうまくいかないことがあると思ってください。

俺が何度も何度も繰り返し失敗していた理由はこれで、相手が「好感」だろうが「普通」だろうが「興味なし」だろうが関係なく、強烈な「好き」の状態で接したために相手は完全に引いてしまっていたというわけです。実にもったいない話です。笑

逆に女性が感情を見せられて嬉しいと感じるとき、つまり告白がうまくいくときということですが、


koukan1.jpg

この状態、もしくは
koukan2.jpg


この状態であなたの感情を見せたときとなります。
好意レベルで言えば、「好感」もしくは「好き」の状態ですね。
つまり、あなたが今狙っている女性が「嫌悪」もしくは「興味なし」の状態にあるとすれば、あなたがこれからしなければいけないことは

koukan3.jpg

こういったことになります。
つまり、相手の好意レベルを上げて、自分の好意レベルを下げる(下がったように見せること)です。

これを見て、
「相手の好意レベルを上げる必要があるのはわかるけど、なぜ自分の好意レベルを下げないといけないのだ?」
と思った方もいるかもしれません。

それについても説明します。ぜひ、次回もブログをチェックしてくださいね。


posted by ユウスケ at 00:00 | Comment(0) | 復縁する方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

女性に嫌われる2つのパターン

女性に嫌われるパターンは2つです。
@ 生理的に受け付けない
A 警戒されている
この2つが挙げられます。

@生理的に受け付けない
これは簡単にいうと服装や髪型など外見的なルックスに問題があるという場合です。

俗にいうアキバ系、ヤンキー系など、流行とはかけ離れた服装、清潔感のない髪型、アクセサリーなど外見にあまりに無頓着な場合ですね。


ここに意識のない人は自分の服装がどれだけマズいものか分かっていない場合が多く、自分では問題意識はないが、実は世間一般のレベルやその女性の標準レベルから激しくかけ離れているということがよくあります。


オタクな髪型にオタクな服装でリュック背負って「好きです」って言っても無理ですよね。


なんですが、女性がそういった男を生理的に受け付けない大きな理由は服装がダサいということそのものではなく、外見に対する意識が異常に低いことにあるわけです。


ルックスに関心のない男=人との交流の少ない男

極端にいうと、こういった印象すら与えます。


これが

見た目や雰囲気を含めて、最初の段階で女性に受け入れられないパターン

なんですね。


これらは基本的に努力次第でカバーできる部分であり、良いというレベルまでいかなくてもプラスマイナスゼロの状態には持っていけます。


ブサイクというハンデも努力次第である程度はカバーできるわけですね。

またこの【服装を変えることのメリット】は単に外見が変わって女ウケがよくなるというだけじゃありません。


服装を変えると人は変わります。

例えば巷のヤンキーのように金髪にしている人間が、はたして髪の毛が黒くても同じことができるか?

あれだけ偉そうな態度で歩いてられるか?

電車に乗っていられるか?

といえば、半分のヤンキーは「NO」です。


自分の外見が変わったことで、外から受ける印象が変わったため無意識に自分自身も変わってしまうということなんですね。

これは俗にいう大学デビューも同じです。

大学デビューとはそれまでダサダサの田舎もんだった男が、学生になると同時に服装や髪型などを変えて垢抜けていくことですがあれは服装や髪型を変えたことで無意識に自分が垢抜けたような気持ちになる、それ自体がその人間を垢抜けさせるわけです。


つまり、外見を変えるだけで自分のセルフイメージは全く変わります。

単にセンスがいい、見た目がかっこいいというだけではなく、見た目を変えることには自分を無意識に変える力があるということなんですね。


逆にいうと、関心がないからと服装にいつも無頓着な男性はいつまでも人間的に垢抜けることができません。

大金をかけて無理をする必要はありませんがそういう意味で、服装や髪型などはある程度気を使ったほうがいいですね。


そうするだけでも最低のランクからひとつ上には上がれるのです。
やらないと損なのです


A 警戒される
これは簡単にいうと、軽い男、何を考えているかわからない男と見られてしまう場合です。
例えば
すぐにメアドを聞こうとする。
遊びに行こうと誘う
相手の手や肩に触れる
好きだからしているというわけではなく、そういった癖があるような人です。

もちろんメアドを聞くことや誘うことがダメなのではありませんがまだ打ち解けていないうちからする、心をまだ許していない段階でするから警戒されるのです。
これで上手くいく場合もありますが、こういった軽率な男を嫌う女性は多いです。
軽率な行為を嫌がる女性は相手が軽率だと感じた時点で生理的に受け付けないような状態になります。
その男がどんな人間かという以前に、警戒心が先に来るといったパターンですね。

また合コンなどで場を仕切るような場合、ある程度、場の雰囲気を読んでできると好印象を与えるのですが空気の読めないただの盛り上げ役になると、この悪印象を与えます。


posted by ユウスケ at 18:24 | Comment(0) | 復縁する方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

女の子がある男を好きならどんな態度をとるの?


<好意レベル5 好き>
これはあなたのことが恋愛対象として好きな女性の状態です。
向こうから遊びに行こうと誘ってくる、
またこちらから誘ったら基本的に断らない、というのが特徴です。
簡単にいうと、好きだから誘われたいし遊びに行きたいんですね。
だから、誘ったら断るわけがない。
この状態の場合、基本的に誘いを断ることはありませんが
万が一誘われた日に用事が入っていたような場合でも
「その日は無理だけど○曜日なら空いてる」
と別の日を提案してきます。
向こうからすれば確実にチャンスなわけで、
基本的に誘いを潰そうとしないのが「好き」の状態です。
逆に言うと、誘ったときに
「その日無理なんだ、ごめんね」といわれて終わるとすれば
それはほぼ確実に「好き」ではないといえます。
「明日ドライブいこう」と誘うと
「明日は用事があるんだけど、あさってじゃダメ?あさってなら一日空いてる
けど」
こういった返しがある状態。
なんとしてでも遊びたい、その状態が「好き」です。
また本当に会う時間がなく、別の日の提案ができない場合でも
「好き」の状態で断るときは絶対に理由を説明してきます。
理由がないままに断ったら嫌われるかもしれないと考えるからです。31
「遊びにいきたいのは山々だけど、○○があってどうしても行けないんです」
このように理由を明確にしてきます。
逆に言えば、理由を言わないまま断るというのは
「好き」という状態にはまだまだですね。
またこの状態のときは個人的な探りを入れられることが多いのも特徴です。
例えば一途なのか、女友達は多いのか、浮気の経験はあるのかなど
プライベートな部分を知りたがります。
ちなみに合コンや飲み会でこういった話題になるというのは違いますよ。
あれはただの話題なので。笑
中にはそういった場でうまく探りを入れてくる女性もいますが
そこは判断が難しいので意識しなくていいと思います。
そして、「会うこと」自体が理由になります。
「好感」の状態では、お互いに観たい映画があれば観にいける
(理由があれば会える)といった特徴がありますが、
「好き」の状態ではそんな理由すら必要ありません。
「俺、ちょっと観たい映画あるんだけど、一緒に行かない?」
「行く行く!」
です。

大げさでなくこういった反応を示すことが多い。
なんの映画かも聞かずに OK してくる。
そのあとで「映画って何?」と聞いてきます。


「好き」じゃなければこうはなりません。
感情がなければ、何かもわからない映画に誘われてYESとは答えないわけです。相手からすると一緒に行けることが嬉しい状態なので「ドライブ」「買い物」「映画」「野球観戦」「電気屋」何でもありです。

理由などもう関係ないのです。
基本的にイエスマンになる、これが「好き」の特徴といえます。

というか、そもそも出会いがねーよ!という方はまずは新しい出会いからですね。今流行りのSNSを利用した出会い方についてはこちらのウェブサイトが参考になります。
ソーシャルネットワークで女の子と出会う方法研究会
posted by ユウスケ at 00:00 | Comment(0) | 復縁する方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。